受付電話ロボットが今熱い!おしゃれな受付システム4選!

受付電話システムが今日本をゆるがせています。

受付嬢を不要とする人件費削減、働き方改革の盲点を突いた便利な伝説のシステムを消化します。

 

ネコ型ロボット

いわゆる受付システムロボットのドラえもんのことです。

もともとは黄色い色で出荷されているはずですが、ひょんなことから青色の個体もいるそうです。

015

 

受付電話システムwelbo

顔認証対応の受付システム・受付ロボットです。

RPAシステムを使っています。

尚、音声認識技術はvgateを利用しております。

AIスピーカなどにも搭載されている制度の高いIT技術ですばい。

amazon echoやlineのなんかよーわからんスピーカとか、マックの高いスピーカーとかなんやらかんやらあるとおもうけどそんな感じの使い勝手に近いんちゃう?

しらんけど。

あれらしいで、周りの雑音とかにウェルボは強いらしい。

雑音の中から話しかけてくる人の声をききわけるねんてさ!

まるで聖徳太子?

受付電話システムとして非常に優秀?なのか?

siriとかでもあれやんな、なんとか自分の声をききわけてくれるな

hei siri

androidの場合はどうやっけ

OKグーグルみたいなやつか

ちなみにwelboは自分から話しかけてくる

いらっしゃいませてきな。

コミュ障の俺にはもってこいのアイテムやな

予約が入った段階で、あらかじめ来訪者情報を入力することによってスムーズで失礼のない受付を実現します!

 

ファッション電話とは

初期の電話機は技術的には多様だった。液体抵抗型送話機を使うもの、永久磁石の周りの電磁石(コイル)を振動板で振動させて電磁誘導によって信号を発生するもの(ムービング・コイル型)などがあった。電磁誘導の起電力を利用する方式は電源がなくとも通話可能という利点があり、20世紀後半になっても少数ながら軍用などに利用され続けた。しかし、主流となったのはエジソンのカーボンマイクで他の方式よりも音声が大きく、誘導コイルを必要とするが、それがインピーダンス整合用変圧器として機能し、信号線とのインピーダンスを整合させることができる。このエジソンの特許によってベルは20世紀に入るまで市場を独占することができたが、そのころには電話機自体よりも電話網の方が重要になってきた。

初期の電話機も電源を必要とし、その場で発電するか電池を使用した。当時は加入者宅を巡回して電池交換が必要かどうかをチェックする職業もあった。20世紀には「共電式」がよく使われるようになった。これは、電話交換機側から信号線を通して給電する方式である。

初期の電話機の加入者線は1本の導線であり、電信と同様に個々に接地することで回路を形成する。また最初期の電話機は、送話器と受話器が共用になっていてひとつしかなく、口と耳に交互にあてて使うようになっていた。送話器と受話器が別々の方が当然便利だが、そのような装置は高くついた。

当初電話交換の利点はあまり利用されなかった。初期の加入者は以前からの電信の利用者で、2台の電話機をリースし、例えば商店と自宅などに設置して使っていた。複数地点間の通信を必要とする場合は何台も電話機をリースし、各地点間にそれぞれ別個に回線をひく必要があった。

通話開始の合図は非常に原始的な方法から始まった。ユーザーは送話器に向かって口笛を吹くことで交換手(交換を経ない場合は相手)に電話をかけることを知らせた。電話交換が主流になると電話がかかってきたことを知らせるベルが電話機に装備されるようになり、当初は通常の電話線とは別の線をひいて、その信号でベルを鳴らした。その後電話線1本でベルも鳴らすようにするため、ベルとコンデンサを直列に繋いでベルを鳴らすための交流信号のみを通すようにし、直流信号がブロックされていることで「オンフック」状態だとわかるようにした。

共電式や定期的な電池交換が不可能な田舎では、マグネトーなどの発電機を手回しクランクで回して発電し、相手側(交換手)のベルを鳴らした。
アメリカのロウソク型電話機(1915年ごろ)
1890年代には、3つの部分で構成されるもっと小型の電話機が登場した。送話器はスタンド上にあり、この形状をロウソク (candlestick) 型と呼んだ。使っていない状態では受話器をフックにかけておき、このフックがスイッチの役割を果たしている。それまでの電話機は音声とベルそれぞれにスイッチがあり、別々に操作する必要があった。新しい方式では利用者が電話のフックを外したままにする事態が発生しにくくなった。発電機、ベル、誘導コイル、電池などは電話機本体とは別の箱 (ringer box) に収められ、電話機と接続されるようになっていた[1]。共電式の場合は電池交換が不要で手回しで発電する必要もないため、その箱は机の下などの見えない場所に設置された。

単線には漏話や交流電源のハム音が雑音として載ってしまうという欠点があり、ツイストペアケーブルが使われるようになっていった。また、長距離の回線には4線式が使われた。20世紀初めごろ、長距離電話は一般の電話からはかけられず、専用の高音質の電話ボックスを予約して利用するのが一般的だった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E8%A9%B1%E6%A9%9F

 

受付システムペッパーくん

ぺっぱーくんは過去の遺産と言われています。

大体飽きられて会議室で眠っていることが多いです。

なおペッパーくんには音声合成システムが使われており今はやりのAI対話型ロボットとしてのパイオニアがあれがこれでほほいんほいです。

音声波形を生成する主要技術は、大きく波形接続型音声合成 (concatenative synthesis) とフォルマント合成 (formant synthesis) の2つに分ける事ができる。

波形接続型音声合成
波形接続型音声合成は、基本的には録音された音声の断片を連結して合成する方法である[7][8][9]。一般に波形接続型音声合成は最も自然な合成音声になるといわれているが、発声のバリエーションと波形の断片化の細かさによっては出力音声に欠損が生じ、自然さを損なうことがある。

波形接続型音声合成には以下にあげる三種類がある。

単位選択合成 (Unit selection synthesis)
別名としてコーパスベース音声合成方式とも呼ばれる。大きな音声のデータベース(通常一時間以上の録音された音声から成る)を使用する。データベースを作成する為には、録音する音声を「音」、「音節」、「形態素」、「単語」、「成句」、「文節」などに分割し、それらを人の手によって検索できるようにインデックスを調整して作成する。音声合成を行う際には、アルゴリズムに従って最も適した音の組み合わせをデータベースから探し出して合成する。これにより極めて肉声に近い自然な音声に合成することが可能となる。しかし、より自然に聞こえる音声を合成するにはデータベースの情報量を増やす必要があり、データサイズが膨大となる問題も発生する。
Diphone合成 (Diphone synthesis)
音声ライブラリにターゲットとする言語のDiphone(音と音のつながり部分)を全て持ち、それを使用して合成する。Diphoneの個数はその言語の音素配列論で決まっている。(スペイン語なら800、ドイツ語なら2500のDiphoneを持つ。)Diphone合成では、各Diphoneの音声がひとつだけデータベースに格納されている。実行時にはDiphoneを並べたものに線形予測分析法(PSOLA、MBROLAなど)のようなデジタル信号処理技法を施して韻律を作る。できあがった音声は単位選択合成に比較すると音質が劣るが、フォルマント合成よりは自然な音質になる。しかし、Diphone合成は結合部の欠陥が目立ち、フォルマント合成のようなロボット的な発生になってしまう問題がある。そのため商用では徐々に利用が減っているが、フリーソフトウェアや研究用としては使われ続けている。
分野限定合成 (Domain-specific synthesis)
録音された単語や文節を連結して音声を合成する。これは特定分野のテキスト読み上げに使われる。例えば乗り換え案内の放送や天気予報などである。これは実装が簡単なので商用にも長年使われてきた。例えば、しゃべる時計や電卓などである。この方式は分野を限定しているので自然に聞こえる音声を合成するのが簡単である。しかし、汎用ではないので、利用は限定される。内部のデータベースにある単語や文節しか話せないため、内容が登録されている音声によって限定される。また、例えばフランス語のリエゾンなど、前後の単語との関係で発音が変わる場合を再現するのが難しい。この場合、文脈を考慮して合成する必要がある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E5%A3%B0%E5%90%88%E6%88%90

 

Post navigation